仕事できない人どうやって生きる?

こんにちは。ブログ管理人のしょうと申します。

 

仕事ができない人はどうやって生きれば良いのでしょうか?

 

いきなり結論ですが、「仕事ができない人はまだ自分に合った仕事、つまり、天職を見つけていないだけ」だと思います。

 

本記事では、仕事ができない人がどうやって生きるべきなのか、色々と考えてみました。あなたがこれから生きていくヒントが見つかると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

 

記事は5分程度で読めますよ!

 

仕事ができない人はどうやって生きる?

仕事ができない人はどうやって生きるべきなのか、解説します。

 

今の職場でまだもがいてみる

「仕事ができない」と思っていても、まだそう思うのは早すぎるかもしれません。

 

一般的に仕事ができるようになるまで3年はかかると言われています。

 

「石の上にも三年」ってやつですね。

 

なので、新入社員で入社したばかりであれば、仕事ができなくても当然です。そこまで自分を責める必要はありません。

 

あなたなりに頑張っていても、仕事は仕事。それでも怒られてしまうことはあります。仕事ですからね。お金をもらうのは大変なことです。

 

でももう少しもがいてみるのも良いかもしれません。

 

仕事ができない人として生きる

仕事ができない人として割り切って生きるのも選択肢のうちの一つです。

 

インフラ系や警備系の会社などでは、仕事ができなくとも仕事自体はなくならないので、真面目に仕事をする姿勢を見せていればリストラされることもそうそうないでしょう。

 

「仕事ができない人」として扱われるのは辛いことですが、「生活のため」と割り切ってその仕事を続けていくのも立派な選択肢です。実際のところ、多くの社会人の方々が「仕事は生活費を稼ぐためにやっている」と割り切っています。

 

転職サイトdodaがオリコン・リサーチ社と共同で調査した「はたらく理由ランキング」によると、「生きていくため(お金のため)」が56.3%でぶっちぎりのトップです。2位は「趣味や嗜好品を豊かにしたい(お金のため)」、3位は「家族を支えるため(お金のため)」となっています。

 

つまり、多くの方が生きるために歯を食いしばって仕事をしているのです。辛いですが、これが現実ですよね。

 

「仕事ができない人」と評価されるのは辛いですが、生活のために割り切ってその仕事を続けていくのも立派です。

 

天職を探すために転職を検討する

天職を探すために転職を検討する。これが一番おすすめの選択肢です。

 

ダジャレじゃないですよ(笑)

 

後述しますが、世界や日本の多くの偉人や経営者たちも、「仕事ができない人」としてパッとしなかった時代がある人が非常に多いです。

 

しかし凡人と彼らの違いは「自分にできる仕事が見つかるまで探し続けたかどうか」というところです。

 

多くの偉人たちと同様、最近では多くの社会人の方々が転職を何度か繰り返す中で自分に合った職業を見つけていらっしゃいます。

 

「人生100年時代」なんて言われている時代です。残りの人生を「仕事ができない人」というレッテルと自己意識を抱いて生きていくよりも、「自分に合った仕事=天職」を見つけて生きていく方がよっぽど人生が充実すると思いませんか。 

アルバイトや日雇いでもいいと割り切る

正社員や派遣社員の仕事をしていて、「仕事ができない」と悩んでいるのなら、アルバイトや日雇いで生きていくことを考えるのも良いでしょう。

 

第一、「正社員や派遣社員としてきちんとキャリアアップして生きていかなければならない」という考え自体が幻想です。

 

別にアルバイトでも日雇いでも、自分が生きていくためのお金さえ稼げれば本当は何でも良いのです。

 

「真っ当に生きよう」という気持ちがあると正社員じゃないといけない、と思ってしまいますが、そんなことはありません。無理なく働ける範囲で働いて生きていくのも立派な選択肢ですよ。

 

仕事をしないで生きていく

そもそもお金がある人は、仕事をしないで生きていても良いのです。

 

ご両親から財産を受け継いだ人などは、別に働く必要はありません。

 

日本にも昔は「高等遊民」といって、親から引き継いだ財産を使うだけで、特に生産活動に従事していない階級の人たちがいました。有名なところでは小説家の太宰治は高等遊民でした。

 

「働いたら負け!」ってやつですね。

 

海外に目を向ければ、進化論のダーウィンや、哲学者のニーチェ、フランスの小説家であるマルセル・プルーストなども高等遊民でした。

 

彼らは一般的に考えられる「労働」はしていませんでしたが、後世に残るような偉業を成し遂げていますよね。彼らのような生き方をしたって良いのです。

 

また、単純に日本では仕事をしなくても最悪生活保護制度があります。

 

生活保護に頼って生活することだって、別に問題ないのです。

 

仕事ができない人はまだ天職を見つけていないだけ

仕事ができない人は、「まだ天職を見つけていないだけ」です。

 

なぜ仕事ができない人は「天職を見つけていないだけ」と言えるのか、その根拠について本章で解説します。

 

過去の多くの偉人たちもそうだった

 過去の歴史上の多くの偉人たちも、天職を見つけるまでは職を転々としていました。

 

有名な例で言えば、アメリカ合衆国大統領のリンカーン(リンカン)などはそうです。リンカーンは「人民の、人民による、人民のための政治」という演説と、南北戦争に勝利してアメリカを統合したことで有名です。アメリカ大統領の中でも「最も偉大な大統領」として挙げられることも非常に多い、偉人中の偉人と言えます。

 

しかしリンカーンの人生は、失敗ばかりだった、ということはよく知られています。自分の事業で失敗したり、離婚したり、選挙に何度も落選したりと、一筋縄では行きませんでした。しかし最後の最後で大統領に当選し、歴史に残る偉大な大統領になりました。

 

「仕事ができない」人が「仕事ができるようになった」わかりやすい例で言うと、家具を販売している「ニトリ」の創業者・似鳥昭雄氏もそうです。似鳥氏は会社員としてはダメダメで、自身で「ニトリ」を創業するまでは仕事ができず、何度も職場をクビになっていました。しかし今では日本で総資産トップ50以内常連の大富豪にまで上り詰めています。

 

つまり、「仕事が劇的にできる人」になった偉人たちも、かつては皆「仕事ができない人」だった、ということです。

 

偉人も「仕事ができなかった」と知ると、勇気づけられますよね!

 

彼らは、仕事ができなくても諦めずに色々な仕事に挑戦し続けました。

 

自分に合っていない仕事をやっている

 上述しましたが、「仕事が劇的にできる」偉人でも自分に合った仕事を見つけるまでは「仕事ができない人」として過ごしていました。

 

つまり、「仕事ができない人」はまだ、自分に合った仕事に出会っていない可能性が高いです。

 

今の職場で「仕事ができない人」と思われているのであれば、「仕事ができる人」になるために他の仕事を探してみることをおすすめします。

 

自分に合った仕事を探す方法

「仕事ができない人」は「まだ自分に合った仕事に出会っていない」ということについて解説してきました。

 

本章では、では実際に「自分に合った仕事はどうやって探すのか?」という点について解説します。

 

転職サイトやエージェントに相談してみる

自分一人で考えていても、考えが堂々巡りするだけで、「どの仕事が自分に適しているか」わからないことが多いです。

 

仕事探しの専門家である転職サイトのキャリアコンサルタントや、転職エージェントに相談する中で、自分に合った仕事を探してみると良いでしょう。

初めての転職や20代の転職に強いDYM転職がおすすめですよ。

エージェントが就職できるまで二人三脚!DYM就職

キャリアコーチング・トレーニングを受ける

上記と同様で、自分一人で自分に適した仕事を見つけるのは困難です。

 

なので、仕事探しの専門家に相談してみるのが一番です。

 

最近では、転職サイトや天職エージェント以外にもキャリアのコーチングやトレーニングといったスタイルのサービスが出てきています。これらのサービスを受けてみるのも良いでしょう。

マンツーマンで丁寧にキャリアコーチングをしてくれるニューキャリアがおすすめです。

副業で色々な仕事にチャレンジしてみる

いきなり転職するのではなく、副業でまずは色々な業種に試してみて、適正がありそうな仕事を探すのも良いでしょう。

 

本業でないからこそ、気軽に取り組めますし、辞める時も簡単です。

 

まずはクラウドソーシングサイトで気軽に副業に取り組むところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

クラウドソーシングサイトは、手数料業界最安値で評判のクラウディアというサイトがおすすめです。

Craudiaクラウディア

とりあえず仕事を辞めて勉強してみる

あまりおすすめはできませんが、仕事ができなくてあまりにも辛いようだったら、一度仕事を辞めてから考えてみるのも良いでしょう。

 

仕事を辞めること自体も難しいのであれば、退職代行サービスを使って安全に退職も可能です。

 

退職代行なら低費用で退職できるガーディアンがおすすめですよ。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

リゾートバイト・ワーホリなどで稼ぎながら考える

今の仕事を一旦辞めて、リゾートバイトやワーホリをしながら考えるのも良いでしょう。

 

リゾートバイトやワーホリは、働きながら旅行もできる、一石二鳥のワークスタイルです。リゾートバイトやワーホリを延々と続けて生活している方々もいらっしゃいます。

 

今の仕事にどうしても興味がわかない、仕事ができないのであれば、リゾート地で遊びながら仕事をするのも良いでしょう。

 

業界最大級のリゾバ.comで探すと、希望のリゾートバイトが見つかりやすいですよ。

仕事しながら勉強する

仕事を辞めるまで踏ん切りがつかない場合は、さまざまな分野の勉強をしてみるのも良いでしょう。

 

特に最先端のWebスキルは労働市場で需要があるので、Web系のスキルを学んでみるのがおすすめです。今の職場では「できない人」でも、新たなスキルを身につければ変わるかもしれませんよ。

 

Twitterでフォロワー10万人超の有名インフルエンサーである迫 佑樹さんが運営するSkillHacks(スキルハックス)
というスクールで学んでみるのがおすすめです。

「仕事ができない人」=「価値がない人」ではない

「仕事ができないからどうやって生きるのが良いんだろう?」とあまり考えすぎないでください。

 

そもそも、人間の価値は仕事ができるかできないかだけでは測れません。あまり気にせず割り切って生きていきましょう。

 

もし、「仕事ができるようになりたい」のであれば、「できる仕事」を探せば良いのです。

 

どう生きたって、あなた自体に価値があることは間違いありません。「仕事ができない」と思ってあなた自身をあまり責めないでください。

 

仕事ができない人なんて思わないで!

僕の結論では、「仕事ができない」というのは幻想です。

 

「仕事ができない」人も環境が変われば、「できる人」になると考えています。

 

できる人になるために、環境を変える選択肢はいっぱいあります。

 

  • 転職をする
  • キャリアコーチングを受ける
  • 副業で適正を確かめる
  • リゾートバイトなどで働きながら天職を探す

 

できることからで良いので、「できる自分」になれる環境探しをしてみてください。

おすすめの記事