社会人5年目で仕事ができないなら転職等を考えるべき理由

こんにちは。ブログ管理人で社会人8年目フリーランスのしょうです。

 

「社会人5年目になっても一向に仕事ができない」と悩む方は少なくありません。実際に社会人5年目会社員だった時は僕も仕事ができなくて悩んでいました。

 

特に5年目ともなると、もう新人ではなくなり、会社でも一定レベルの責任ある仕事が任されるようになるので、なおさらです。

 

社会人5年目になっても「仕事ができない」と思っているなら思い切って転職してみても良いのではないでしょうか。

 

社会人5年目で仕事ができない理由

あえていうまでもないかもしれませんが、社会人5年目になってみてもまだ仕事ができない理由について、考えてみます。

 

上から目線ですみません。

向いている仕事じゃないのでできない

同じ職種を5年ほど続けていて、今でも基礎的なことで「仕事ができない」と感じているのなら、適性がないか、もしくは自分の精神的に辛くて向いていない仕事をしている可能性も高いでしょう。

 

無理に適正のない仕事を続ける必要はありません。もし向いていないと感じるのであれば転職を検討してもいいでしょう。

 

しかし、一つの仕事ができるようになるまでは一般的に1万時間必要と言われていますし(1万時間の法則)、今の仕事が好きなのであれば、まだ続けてみてもいいかもしれません。ご自身で決めてみればいいのではないでしょうか。

5年間同じ仕事を続けてこられた経験は決して無駄にはなりませんが、それを活かして他の道に行くのもありです。

段取り力がない

社会人5年目になってまだ自分のことを「仕事ができない」と感じている方は、段取り力がないのかもしれません。

 

何か一つの仕事に取り掛かる前に、「どうしたら効率良く終わるか」といったことや、「どの段階で報連相をしたらいいか」、「仕事を進めていく上でどう回りを巻き込んでいくか」などを考えてから仕事をすることが求められてきますが、この辺りの力が弱いのかもしれません。

 

社会人5年目ともなれば、現場レベルのスキルよりもマネジメントスキルが求められることも増えてくるので、なおさら段取りは難しく感じますよね。しかしこのあたりを意識して乗り越えていかなければ、その後の社会人生活でも苦労することが多いと思いますので、段取りを考えて仕事をするのは意識してみるといいかもしれません。

段取り力は、自分で考えて行動していく中で身についていくものですよね!

完璧主義すぎる

社会人5年目になっても「仕事ができない」と感じている場合、単に完璧主義すぎるだけかもしれません。

 

完璧主義な方の場合、仕事でわからない部分が出てきても人他人に聞くことができず、一向に前に進めない、ということも多いのではないでしょうか。

 

仕事にもよるかもしれませんが、「いつも全力で成果を出すことができる」、「絶対に100%の結果を出し切れる」、ということはなかなかありません。多くの社会人の方は日々60〜80%程度でセーブして仕事をしています。統計データなどはありませんが、きっとそうでしょう。

 

毎回100%の成果を求めようとするからこそ、「仕事ができない」と思い悩むのではないでしょうか。だからこそ、仕事を進めるのも遅くなるし、周囲の方に聞くこともできず、結果的にアウトプットの質も上がってこなかったりします。

 

真面目な人ほど完璧主義になりがちですよね。

人付き合いを過度に避ける

人付き合いが苦手な方は、なるべく会社の人や仕事関係の人間関係を避けるかもしれません。しかし、人と関わることでしか見えてこないことや、降ってこないチャンスもあります。

 

社会人5年目ともなると、現場レベルの仕事よりもマネジメントスキルが問われることが増えるため、社内外問わず人付き合いをしていることが思わぬプラスを仕事にもたらすこともあります。

 

ですから、過剰に人付き合いを避けずに、人と関わってみましょう。SNSで発信するなどネットでの関わりでも大丈夫です。

 

僕はフリーランスですが、昔の先輩などから仕事を振ってもらうこともありました。人付き合いは重要ですね。

社会人5年目で仕事できない人はどうすればいい?

社会人5年目で「仕事ができない」と感じる方は、やはり悩んでいる方が多いのではないでしょうか。真面目な方だから悩むのであって、不真面目であればそんなこと気にせず検索もしないだろうからです。

 

そんな真面目なあなた、「仕事ができない」のを何とかしたいあなたにご提案です。

 

キャリアコーチングを受けてみる

「仕事ができない」理由は、色々な理由がありうるでしょう。そもそも適職についていないのかもしれないですし、仕事のやり方がいけないのかもしれない。

 

しかし客観的に評価してもらわないと、見えてこないこともあるでしょう。社内のウェットな関係性からではなく、本当にフラットに見てくれる他者からの指摘は重要です。

 

フラットな他者でありながら、キャリアのプロでもあるキャリアコーチのキャリアコーチングを受けてみれば、「仕事ができない」理由もわかるかもしれません。

 

社会人5年目などの若手社会人向けキャリアコーチングなら「丁寧」と評判のある【マジキャリ】がおすすめです。

他分野のスキルをつける

社会人5年目になっても今の仕事に対して、「仕事ができない」と感じているのなら、適職でない可能性もやはりありますよね。

 

その場合、他の分野のスキルを身につけることで他の職種へも転職できる状態を作っておくのもいいかもしれません。

 

実際に転職するわけではなくとも、自らのキャリアの幅が広がり、役立つこともあるでしょう。

 

やはりおすすめなスキルはプログラミングスキルです。向き不向きが激しい分野ですが、もしハマれば一気に高収入を目指せるのもプログラミングの魅力です。

 

プログラミングスクールは、初心者でも丁寧に教えてくれるという評判のあるLESALTOがおすすめです。

0から始めるプログラミング学習【LESALTO】

転職する

社会人5年目ともなれば、転職しても「早すぎる」と言われることもそうそうありません。むしろ、今までの仕事を見切るならちょうどいい時期に当たります。

 

現職に対して「できない」という気持ちを抱いているのであれば、思い切って転職してみるのもありでしょう。

 

社会人5年目など若手の転職で評判のあるキャリアスタートを利用するのがおすすめですよ。

 

社会人5年目で仕事ができないなら行動してもいいかも

社会人5年目となってもまだ「仕事ができない」と感じているのであれば、行動に移してみてもいい時期です。

 

キャリアコーチングや転職するなどして、ぜひ「仕事ができる」あなたを目指してみてください。

 

以下の記事もよろしければぜひご覧ください。

 

以下では属性別に「仕事ができない」という悩みに対する解決策を書いています。

おすすめの記事