社会人6年目で仕事ができない・失敗ばかりはヤバい

こんにちは。社会人8年目フリーランスのしょうです。

 

「社会人6年目(入社6年目)になっても仕事ができない。失敗ばかりしてしまう…」という方、意外と少なくないと思います。実際、求められることのレベルが新卒入社時よりもはるかに高くなっているので、失敗ばかりしてしまう、なんてこともあるでしょう。

 

本記事では、社会人6年目(入社6年目)で仕事ができなくて失敗ばかりという方に向けて、「社会人6年目(入社6年目)でどこまで仕事ができたらいいのか」ということや「社会人6年目(入社6年目)で仕事ができないと感じる理由」などについてご説明します。

 

結論から言うと、社会人6年目で失敗ばかりな人は何か行動したほうがいいと思います。サントリーの新浪社長が「45歳定年制」に言及したように、経営者層は「能力がない」と判断した人は容赦無くクビにする時代が来るでしょう。すでに来ているという話もあります。社会人6年目になっても「仕事ができない」人は、今行動することで「仕事ができる人」に成長しないと厳しいでしょう。

 

社会人6年目の転職なら若手向けの転職エージェントキャリアスタートを使いましょう。若手ならではのアドバイスをしてくれますよ。

 

社会人6年目となるともう30歳近いでしょうから、真剣に今後のキャリアについて考えなければなりません。ただもし、あなたが「仕事ができない」と真剣に悩んでいるのであれば、今後のキャリアを切り拓くためのチャンスにもなり得ます。

社会人6年目(入社6年目)に求められること

社会人6年目に求められることについて考えてみました。最低限このくらいのことができていれば、社会人6年目としては問題ないレベルだと思います。逆にこのレベルに到達していないのであれば、これからのキャリアに向けて行動する必要があるでしょう。

一通りの社会人マナーをマスターしている

電話の取り方やメールでの文言の使い方、会議の席次など、日本にはさまざまな社会人マナーがあります。

 

暗黙のルールも多いのである程度社会人経験を積んでいないと覚えられませんが、社会人を6年間経験しているのであれば一通り覚えておきたいところです。

 

逆に覚えていないと、「まともな社会人経験がないのかも」と思われ、減点されてしまいます。

 

正直なところ僕は「くだらない」と思ってはいるのですが、そんなくだらないマナーで減点されてしまうよりかは、しっかりとマナーを守って減点を防ぎたいと考えています。

プレイヤーとして自分の職務を完遂できる

社会人6年目にもなると、「プレイヤーとして自分の職務を完遂できるレベルにあること」までは求められています。

 

自分の職務を完璧にこなせて一人前なのではないでしょうか。職務のレベルはあるにせよ、最低限自分の責任範囲を誰にも聞かなくとも自分だけで完遂できるレベルでないとなりません。

 

もちろん、イレギュラーな対応などがある場合は「報連相」が必要ですが、ある程度までなら自分の職務は誰に聞かずともこなせるレベルでないと、厳しいとは思います。

メンターとして若手にアドバイスできる

社会人6年目ともなると、自らの職務を完璧にこなせて当たり前、その上でメンターとして若手にアドバイスができることまで求められます。

 

チームのリーダーとしてマネジメントできる、というところまではまだ求められていないでしょう。しかし、チームの一員としてプレイヤーを完璧に遂行できるのであれば、当然プレイヤーとしての若手を指導できるレベルになければなりません。

 

若手社員に適切なアドバイスができてこそ、だと思います。

 

コミュニケーションが苦手な方であっても、若手に指導できるレベルでないと厳しいでしょう。

 

社会人6年目(入社6年目)でできたらいいこと

社会人6年目でできたらいいことについてご説明します。本章でご紹介する内容は「最低限これができたらいいよね」というレベル以上の内容なので、今時点でできていなくとも大丈夫です。しかし、ゆくゆくは意識していきたいことばかりなので、ぜひご参考になさってみてください。

 

リーダーとしてチームを率いることができる

社会人6年目にもなると、部署の中ではそこそこのベテランになっている場合も多いでしょう。

 

経営陣や上司は、それくらいの年次になっている方に対しては、そろそろマネジメントのポジションを用意することを考えている可能性もあります。

 

したがって、リーダーとしてチームを率いることができる場面を見せられれば、上司もあなたを昇進させるかもしれません。

 

チームを率いることができれば、社会人6年目としてはかなり「仕事ができる人」として認められていると考えてもいいでしょう。

「マネジメント」ができるようになると、同世代ではトップレベルになれると思います。

30代以降のキャリアビジョンがある

社会人6年目ということは30代近くになっている、ということですよね。大企業であっても、30代くらいになってくれば、ある程度のキャリアビジョンみたいなものを社員に期待してくる年齢でしょう。

 

今後あなたが社内でどのようなキャリアを歩んでいきたいのか、ある程度のビジョンがなければ、あなた自身のキャリア構築も、会社側としてのキャリア配置も、難しくなっていきます。ですから、この段階でそろそろキャリアビジョンみたいなもの、自分が「何を大事にしたいのか」ということをぼんやりとでいいので決めておくといいでしょう。

 

職種の専門家タイプになりたいのか、それともオールラウンダーとして幅広い部署を経験しゆくゆくは会社のマネジメントに上がっていきたいのか、決める必要がありそうです。

 

「キャリアビジョン」と聞くと難しいですよね。もしわかりそうになければコーチングなどを利用して自分のキャリアプランを考え直すのもいいかもしれません。とくに丁寧と評判がある人生に向き合うキャリアコーチング【マジキャリ】がおすすめです。

他部署や社外との強固な人脈がある

社会人6年目ともなると、営業部門の方でなくとも社外とのコミュニケーションが発生することも出てくるでしょう。そうすると、以前から持っていた社外との思わぬつながりがビジネスに発展をもたらすことに気づく方もいるでしょう。いわゆる「コネ」というものです。

 

とくに商談を進める際には、理屈云々だけではなく、人間関係といったものが決め手となる場合も往々にしてあります。ですから、自分の仕事だけ淡々とこなしている方よりも、積極的に社内外の人とコミュニケーションを取ってきた方のほうが人脈を豊富に持っているので、ビジネスでは有利な状況におかれやすい、というのは事実です。

 

コミュニケーションが苦手な方には酷な内容かもしれませんが、やはり人脈がある人材を企業は優遇するでしょう。

 

政治家や経営者の子息令嬢がいわゆる「コネ入社」ができるのは、裏を返せば「コネがビジネスで生きる」ことを企業社会は知っているからですね。

会社をよくするためのアイデアがある

会社をよくするためのアイデアを自身で持っていることも求められます。

 

大企業にお勤めの方であれば、実際にそのアイデアを実行し、企業経営を改善する機会が来るのはまだまだ先のことでしょう。しかしながらアイデアを持っていなければ「社運をかけたプロジェクトに配属された」、「これからの幹部候補として重要なポジションに配属替えされた」などといった場合に大変です。

 

まだ先のこととは思いつつも、自社をより上位視点で見た「経営視点」や「ビジョン」、そしてそれに基づいたアイデアを持っているとなおいいでしょう。

 

ほとんどの方は現場の仕事を通じて「もっとこうしたらいいのに」ということはいくつか考えているかと思います。それを経営視点で考えた時、つまり「実現可能性」というものを考慮してみてできるかどうか、考えてみたらいいです。

0からチームづくりができる

ここまでできたらかなり上級者だと思いますが、部下をマネジメントできる上に、チームづくりまでできたら最強です。それには自分の専門性を強固なものにしていて、その分野で認められていて、なおかつマネジメント経験が高いレベルであって、というレベルにまで達していなければなりません。

 

新しいチームを作って、そのチームを成長させることができたら、もう経営幹部までの距離は非常に近いと言えるでしょう。

 

出世したい方であればぜひ目指しておきたいところです。

社会人6年目で失敗ばかり。そろそろヤバい3つの理由

社会人6年目で失敗ばかりとなると、何か行動を起こしたほうがいいです。しかし、まだ決定的にヤバいわけではありません。その理由について、本章でご説明します。

 

将来的にクビの対象になるかもしれないから

社会人6年目という年次は、まだまだ失敗が許される年次です。ですから、失敗ばかりしていても、ギリギリ許されるでしょう。

 

しかし、プレイヤーとして自分の職務を遂行できないというようなレベルですと、いつか真っ先にリストラ候補にされるでしょう。「45歳定年制」などというものに財界トップは共鳴しているようですから、将来的にはヤバさ100%です。

 

でも結局は時間の問題なので、何かアクションを起こすべきだと思います。

失敗から成長できない可能性もあるから

社会人6年目で失敗ばかりとなると流石にヤバいものの、失敗することで見えてくることもあります。失敗を糧にして成長していければ、むしろ後から振り返ってみたときにはプラスの出来事として捉えられるかもしれません。

 

これから失敗を糧にして成長していくことが前提ですが、今時点では「失敗ばかり」な状況でも問題ありません。しかし、30代にもなってくると、流石に失敗ばかりではまずいでしょう。

 

だからこそ、今このタイミングでキャリアについて真剣に考えるべきなのだと思います。

転職したくても手遅れになる日が近いから

転職したくても、30代を過ぎると「未経験OK」や「第二新卒」などの枠で転職できなくなります。つまり、「ある程度経験・スキルがあって即戦力になる中途」を求めるようになるのです。

 

そこであなたが自社ですら「一人まではない」と思っているのなら、転職できる可能性は限りなく低くなります。

 

一生「仕事ができない人」の烙印を押されて余生を過ごすことになるなんてヤバすぎです。

社会人6年目(入社6年目)で仕事ができない理由

社会人6年目で仕事ができない理由について考えてみます。

 

プレイヤーとしてのスキル・経験が足りない

社会人6年目で仕事ができない場合、プレイヤーとしてのスキルや経験が足りていないのかもしれません。経験という部分では、もし新卒から勤めているのであれば十分にあると思われるので、「スキルがない」という可能性が高いでしょう。

 

スキルは経験があれば身に付くわけではありません。きちんと学習しないと身につかないスキルもあります。例えばプログラミングスキルのように。だからこそ、「私にはスキルがない」という理由で仕事ができないのであれば、緊張感をもったほうがいいでしょう。スキルがないままマネジメント層になったら悲惨なことになります。

 

日系企業に勤めていて昇進が自動的に行われる会社の場合、悲惨です。上司からも部下からも常に陰口を言われるようなキャリアが待っていそうです。クビにされるのもそれはそれで悲惨ですが。

適性がない

社会人6年目ともなって自分の仕事ができないとなると、その職種に適性がない可能性も高いでしょう。そのあたりは冷静に判断すべきです。あなた自身、わかっているのではないでしょうか。

 

仕事ができるようになるまでにはある程度時間がかかるとはいえ、やはり仕事には適性というものがあります。向いていない仕事についているのであれば、30歳前のタイミングで転職を考えるべきでしょう。

 

向いていない仕事をずっとやり続ける人生なんて地獄です。完全に自分とマッチする仕事なんてないにしても、です。

コミュニケーションが取れていない

同僚や上司と円滑なコミュニケーションが取れていない場合も問題です。組織で働くことが向いていないのかもしれませんし、その会社の社風と合っていないのかもしれません。

 

もし、「私、会社で浮いているな」と思ったら、次のアクションを考えたほうがいいでしょう。

 

どの会社でも人間関係の煩わしさはつきものですが、やはり限度というものはあります。

そもそもやる気が出ない

仕事に対するやる気が出ない、ということが原因で仕事ができないのであれば、仕方ありません。やる気がないんですもの。

 

社会人6年目にもなって「毎日仕事やる気満々!」みたいなテンションで仕事している方もほとんどいないとはいえ、やはりやる気がなければ仕事はできません。

 

やる気のあるなしは脳科学では否定されているらしいですが、そんなもの関係なく「やる気がない」と感じる時は感じるものです。

社会人6年目(入社6年目)で仕事ができないなら転職すべき理由

上述したように、社会人6年目という年次は、未経験や低スキルでもいい会社に転職できるラストチャンスが近い年次です。

 

したがって、「仕事ができない」まま30代を迎えてしまえば、転職できるチャンスもほとんどないと考えていいでしょう。もしあなたが「仕事ができるようになりたい」と思っているなら、今がそのチャンスです。転職できるうちに転職してしまいましょう。

 

20代で理系の方であれば【UZUZ】という転職エージェントがおすすめです。未経験OKの理系向け求人が充実。4社に1社は内定する実績もあるようです。

仕事ができないけれども、社会人6年目で転職しないなら

仕事ができない状態の社会人6年目の方で、転職を考えないとすれば、ヤバいまま30代を迎えることになります。少なくとも他の改善策を検討することで、今の状況を脱することをおすすめします。

キャリアコーチングを受けてみる

社会人6年目で転職しないなら、キャリアコーチングを受けてみるのはいいでしょう。キャリアの悩みを丁寧に聞いてくれる上、一緒に今後のキャリアビジョンを考えてもらえますよ。

 

上述しましたが、キャリアコーチングはとくに丁寧と評判高い【マジキャリ】
がおすすめです。

プログラミングスクールに通う

仕事ができないのなら、スキルを身につけてスキルベースのキャリアを築くのもいいでしょう。とくにデジタル化が進展していくこの世の中で需要が高まっていくプログラミングスキルを身につけるのがおすすめです。

 

プログラミングスクールは、未経験からエンジニアを目指す【LESALTO】
がおすすめです。

副業を始める

いきなり転職はハードルが高いですが、副業からなら気軽に始められるでしょう。そこで適性を測って、本当に適性がある職業に転職するのもアリです。

 

副業を始めるなら、さまざまな副業についてのスキルを学べるスクールに通うといいかもしれません。

 

動画編集やデザインなどが学べるSkillHacks(スキルハックス)
がおすすめですよ。有名インフルエンサーの迫ゆうきさんが主宰するスクールです。

社会人6年目で仕事できない・失敗ばかりはヤバいです

社会人6年目(入社6年目)で仕事できない方や失敗ばかりの方はヤバいです。行動しましょう。

 

以下にもう一度社会人6年目で仕事ができないとヤバい3つの理由を挙げておきます。

 

  • 将来的にクビの対象になるかもしれないから
  • 失敗から成長できない可能性もあるから
  • 転職したくても手遅れになる日が近いから

 

手遅れになる前に、アクションしてみましょう。

 

以下にその方の属性別の「仕事ができない」場合の対処法を書いた記事も貼っておきます。

 

以下は、「仕事ができない」と悩んでいる方に対しての、僕のファイナルアンサー記事です。

 

ぜひ素敵なキャリアを築いてください。

おすすめの記事